開運に繋がる!占いの結果の捉え方

開運に繋がる!占いの結果の捉え方

今はどこででも目にすることの多い占い。良いことが書いてあるとその日1日がハッピーな気分で過ごせたりと嬉しくなりますよね。反対に、悪いことが書いてあるとそれだけで何をなってもうまくいかないような気がして落ち込んでしまうこともあります。

占いは、結果がどうあれ受け止め方次第で大吉にも凶にもなるのです。今回は、開運に導いてくれる占いの結果の捉え方をご紹介します。

心配事がないときは、良いことだけ覚えておきましょう

何か悩みや気になっている事がないなら、占いの結果を深く考え込む必要はありません。悪いことが書いてある場合は忘れましょう。もし良いことがある場合は、日々のモチベーションに繋がる可能性もあるので覚えておいても良いかもしれません。

占いで悪い結果を見たせいで、気分が落ち込んでしまうことがないようにしましょう。ネガティブな気分になると、自ら運気を下げてしまう原因になります。

関心事があるときは慎重に

悩みや何か気になっていることがあるときに見た占いの結果は、悪いことでも良いことでも慎重に捉えましょう。悪いことが書いてあった場合は、それが起きる予兆かもしれません。あくまでも予兆であって、確定ではないので、普段より特に行動には注意すると良いでしょう。

良いことが描かれている場合でも、それが起きるかもしれない予兆です。気軽な気持ちで信じると良いでしょう。ただし、気を緩めて思わぬ失敗をしないように注意が必要です。

占い師からのアドバイスをよく聞きましょう

基本的に、占い師に鑑定してもらった場合の結果は「何もしなければこういうことが起きる」という可能性を示されていると考えて良いでしょう。その後の努力次第で運勢や運気は大きく変わります。もし悪い結果が出たからといって、落ち込む必要はありません。

相性を占ってもらった場合は、占い師は相手のことを客観的に見てくれる貴重な人です。もし占い師がよくない結果を言った場合は、あなたとパートナーが客観的に見て相性が良くないと感じたのかもしれません。将来のためにも、詳しく話を聞いてみると良いでしょう。

占いに頼りすぎないようにしましょう

占いの結果に一喜一憂するのではなく、予め自分の中で結論を決めておくと良いです。悪い結果でもトラブルを避ける機会として捉えて、占いに振り回されることがないように心がけると良いでしょう。

関連記事一覧:


ムスタ